プロフィール

名前:
ファム ディン トゥアン
国籍:
ベトナム
生年月日:
1995/12/04
メールアドレス:
pdthuan041295jp@gmail.com
電話番号:
092-123-4567

日本へ来た理由

私はHUEIC短期大学の2年生の時に初めて日本語を勉強しました。あの日「友達から夜で19:00時~21:00時まで無料で日本語の授業があるよ」と聞いたから、期末試験が終わって丁度いい時間だから授業に参加しました。最初日本語の言葉が覚えにくくて難しかった。しかし勉強すれば勉強するほどもっと面白い感じがありました。授業で先生が日本の生活や文化や特に桜の写真も見てくれました、どんどん日本のことが好きになりました。親に日本で就職したいと言い出したら、嬉しいことに親は納得してくれました、学校を卒業してから日本へ来ました。

日本で驚いたこと

ベトナムではゴミを分けないで捨てています。日本へ来てから初めてゴミを分別すろことを勉強しました。
最初は面倒くさいと感じましたが、先生に「なんでゴミを分別されていますか」と聞いて、「私たちの生活からは、毎日たくさんのごみが出ています。でも、ごみの中には、まだまだ使える資源が多く眠っているものです。ごみが資源となるか、焼却されたり、埋立てられるかはごみを捨てるときに決まります。ごみと資源を分別することで、資源は再利用され、その結果として、ごみの量は減るのです。
また、分別されたごみは、その分、焼却効率もよくなり、焼却炉の寿命や埋立地の延命につながります。ごみを出しているわたしたち一人ひとりの手でごみを分別して、ごみを減らしていきましょう。」と答えました。自分が反省して、もしベトナムで皆も日本の同じゴミを分別したらいいなと考えました。

   
  1. 日本の乗り物は左側に走っています。
  2. 自転車に二人で乗ることができません。
  3. 雨で傘をさすことができません。